おしりかじり虫は妖精




「みんなのうた」で放送して以来、着実に人気が出ているおしりかじり虫。
『虫』と思われそうですが、実は『妖精』なのです。

それも、日本の妖精ではありません。
コロンブスの大航海の時代に、アッシリア帝国から黄金の国ジパングと呼ばれていた今の日本を目指して、おしりかじり虫の祖先が旅に出ました。
そしてとうとう、17代目のおしりかじり虫のチチ・ハハの代に日本に辿り着き、大阪で今の「おしりかじり虫」が18代目として生まれました。

現在は8歳で、身長25cm、体重2kgの男の子です。
性格は、底抜けに明るくておせっかい。
深く物を考えていない妖精です。
歌と踊りが大好きで、「得意なことは、大阪で仕込んだファンク・ラップ!」と自分では言っていますが、決して上手いとは言えません。

やっと日本に辿り着いたおしりかじり虫18世ですが、彼がかじった『黄金の国ジパングのおしり』と言われていた日本のおしりは、黄金の味には程遠いものでした。
アッシリアから長い時をかけて辿り着く間に、日本は元気のない国になってしまったのです。
そのため、おしりかじり虫18世が、人と人とをつなぐ使命を負って立ち上がり、日本中のおしりをかじってみんなを元気にしているのです。

このおしりかじり虫の頑張りがみんなに元気を与えたので、追加放送やCD発売などができる程、子供を始め大人にも絶大な人気を誇っているのかもしれません。
あなたもこの歌を聴いて、おしりかじり虫に元気を貰ってみてはいかがでしょうか。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。