おしりかじり虫で幼児教育




NHKの教育番組から人気が出たおしりかじり虫。
テレビを見たお母さん方の中には、「この歌は幼児教育に適しているのだろうか?」と疑問に思った人も少なくはないでしょう。
当初はそういった反応も多かったそうです。
しかし、今まで数多くの素敵な歌を流してきたNHKが、子供に悪い歌を流すはずはありませんよね。

よ〜く歌詞を聴いてみると、大人たちの心をズキッと刺すような深い言葉がたくさんあります。
それが、おしりかじり虫が大人にも大人気の秘密の1つでしょうね。
『現代の日本』を、耳に残るメロディーと共に流しているので、子供の心の中にもメロディーと共にその言葉が浸透します。
ですから、幼児教育にも良いということなのでしょう。

ここ最近は、小学生に入る前に学習しておく幼児教育が大変注目されています。
きっと多くのお母さん方が、幼児教育の大切さを考えているでしょう。
子供のために予定している幼児教育の中に、「おしりかじり虫」を加えてみましょう。
ただ見せるだけでなく、一緒に歌ったり、踊りを取り入れたりしてみましょう。
実はこのダンスは、SMAPさんや大塚愛さんなどを手がけている、とても有名な振付師が振り付けているので、本格的なダンスなのです。
最近ではおしりかじり虫を子供と一緒に見ながら、踊ったり歌ったりすることでスキンシップを図れるという親も増えてきました。

他にも、幼稚園や保育園などの運動会のダンスや、学童の体操にも取り入れられています。
みなさんも、おしりかじり虫を子供と一緒に歌いながら踊ってみてはいかがでしょうか。
子供と楽しく過ごせます。
幼児教育の影響の他にも、一緒に何かをやるということで親子の仲も深まるでしょう。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。