おしりかじり虫の誕生




軽快なリズムとダンス、そして覚えやすいフレーズ。
NHKで見かけた時に、息子が夢中になって見ていました。
名前は「おしりかじり虫」。
今では大人気ですが、放送当初はこの歌を「子供にこの歌を見せるのは、少し行儀が悪いのではないか」とNHKに抗議の電話がありました。
しかし、そこは子供が大好きな番組をたくさん放送している天下のNHK。
きちんと説明して、理解していただきました。

よくよくおしりかじり虫の歌詞を聴いてみると、現代人の心をググッと突き刺すフレーズが歌の中に隠れていました。
例えば「都会の尻は苦かった」は、複雑化する現代社会を表していますね。
現代の日本では、距離感や遠慮などからくる『疎外感』が問題ではないかと、おしりかじり虫という名の妖精が立ち上がりました。
彼におしりを噛まれると元気になり、笑顔にしてくれるという設定です。

実際にこのテレビ放送を見て元気付けられた人が多くいます。
着メロのダウンロード数がアップし、7月に発売されたCD&DVDは売り切れになっています。
さらに、そのダンスを家庭で踊ると、親と子のコミュニケーションになったと言っていた親もいて、最近では教育に良いと評判です。

このおしりかじり虫を手がけたのは、「うるまでるび」というユニットです。
彼らは、詩・曲・映像を全て手がけたにも関わらず、おしりかじり虫やかじりギャルズたちの詳しいプロフィールまできちんと設定しています。

ダンスの振り付けは、ベテラン振付師の「南流石」さんです。
歌はボイスチェンジャーを使って「うるまでるび」が自ら歌いました。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。