おしりかじり虫の誕生




現在大人気の「おしりかじり虫」。
実は最近誕生したわけではないのです。
おしりかじり稼業の18代目の「彼」は、5年前に生まれました。
前かがみで洗い物をしていた妻(でるびさん)を見た夫(うるまさん)が「そんな格好していると、おしりかじり虫にかじられちゃうよ」と言いました。
「え?何、その虫。」
でるびさんが尋ね、これで話が弾んで落書きを始め、それが鼻歌になって・・・。
そんな些細なことがきっかけで、この世におしりかじり虫が誕生しました。

しかし、こうやって誕生した「おしりかじり虫」ですが、しばらく冬眠していました。
そして昨春、NHKに企画を頼まれ、おしりかじり虫は4年降りに目を覚ましたのです。

うるまでるびさんは15年来、コンビでアニメを中心に作品を発表してきました。
今回は作詞・作曲・アニメ製作、そして歌まで自ら歌いました。

うるまでるびさんが「おしりかじり虫」を作るにあたって苦心したのは、歌詞でした。
「ナンセンスな線を守りながら、なおかつ時代の気分やメッセージも込めたかった」からです。
こうした苦心を乗り越えて、かじられた人を元気にしてくれる「おしりかじり虫」が誕生しました。
そうやって現代の人々の気持ちになり、元気づけるような曲を作ってくれるなんて、人気が出るはずですね。

うるまでるびって、「おしりかじり虫」以外にはどのような作品があるのだろうと思った方も多いかもしれません。
うるまでるびさんの作品には、十数年前に放送していた「ウゴウゴルーガ」の『シカト』、NHKの「エイゴリアン」の『カプセル侍』などがあります。
そして数多くのアニメーションやエッセイなど、ジャンルにこだわらず世の中に伝えています。
2006年には経済産業省より「スーパークリエーター」の称号を得ました。
これからの活躍がますます楽しみなお二人ですね。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。