おしりかじり虫の作り方




ただ何も考えず「おしりかじり虫」を見ていたのですが、どのようにしてできたのだろうと疑問に思ってしまいました。
あの面白いイラストや、耳に残る詞とメロディーをどのように考えついたのか不思議ですよね。

おしりかじり虫は、全編Flashで手描きしています。
アニメーションの中で富士山がくるくる回るところはさすがに3Dだろうと思っていましたが、実は手でコツコツと描かれたものです。
とても感心してしまいますよね。

また、歌詞においては、「おしりかじり虫」「おしりかじり虫?」などと名前の繰り返しが多いのですが、間奏の歌詞は結構色々考え込んだそうです。
「うるま」さんによると、「地震・カミナリ・かじ・り虫」というのも思いついたアイディアの一つでした。
しかし、もし放送中に地震や大火事が起こってしまうと「配慮」ということで放送中止になりそうなのでやめたそうです。

そのようなアイディアをお札の大きさぐらいの白紙を大量に作り、その白紙に思いつくままにくだらない歌詞を数百枚以上書きまくったそうです。
実際にその歌詞を使ったのは、その中から7つか8つだったそうです。 それでもうるまさんは、楽しかったとコメントしています。
「やっぱり作り手なんだなぁ」と感動しました。

このように色々な苦心があっておしりかじり虫が誕生しました。
やはりうるまでるびさんの、ふとしたことから作品を生み出す能力は凄いですね。
おしりかじり虫だけでなく、今まで素敵な作品を作って来た「うるまでるび」さん。
これからの作品も楽しみです。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。